ホーランドカジノアムステルダム体験談/オランダの首都アムステルダム

ホーランドカジノアムステルダムはどんなカジノ?体験談

オランダに旅行した際にアムステルダムのホーランドカジノアムステルダムというカジノに行きました。
水路の広がる美しい街の一角にあり、カジノのすぐ横にも水辺が広がっていて、夜にはライトアップがされています。

街の見どころの集まるセンター街のなかにあるので、周辺からは徒歩で気軽に行くことができます。
開店はお昼の12時で翌朝の3時まで空いています。私が行ったときは、深夜23時頃からだんだん人が集まり始め、0時すぎからはどのテーブルも人だかりができていました。

ドレスコードは、公式ホームページでは、「スタイリッシュで洗練された着こなし」というふうに指定されています。具体的にはバキージーンズやダメージ加工の服、ビーチサンダル、フード付きパーカーなどは禁止されています。ただそこまで厳密ではない感じでした。
女性は膝丈のスカートや細身のセーターなどを着た方が多かったです。男性は襟付きのシャツを着ている方が多かったです。クロークがあるのでコートや大きい荷物は預けることができます。

さて、内装ですが、ややこじんまりとした感じではありますが、カジノ独特の華やかさが味わえます。ここで楽しめるゲームはルーレット、ビンゴ、ポーカー、ブラックジャック、スロットマシンが主なものです。私が行った時はルーレット、ポーカー、ブラックジャックが人気のようでした。世界中から旅行者が集まる街なので、金曜の夜、週末はカジノにもかなりの人が訪れるようです。旅行者の国籍はさまざまでヨーロッパの人はもちろん、いかにもお金持ちそうな中東の方や大人数で来ている中国人などアジアからの人々も多く見かけました。

ゲーム台のほかにも、休憩用の大きいソファーやレストランもありました。中はトイレなども清潔でとても居心地のいい空間でした。わたしは、賑わっていたので主にブラックジャックで遊びました。席はどこも埋まっていたので、最初はまず様子を見ることにしました。かける額はかなり低い額に設定されているテーブルもあるので気軽に参加ができる感じでした!このカジノはブラックジャックでのバックベットが認められています。

テーブルに多くコインを持っていて、たくさん勝っている人の後ろにつき、その人のボックスにコインをおいていきます。ブラックジャックは流れを読んで、ディーラーが勝ち続けるタイミングとこちら側にチャンスが多くくるタイミングを見極めることが大切ですね。慣れてそうな人を見て、その掛け方を真似したりしてちまちまと稼いでいきました。ただやはりだんだん欲が出てきてまだいけると思ってしまうんですよね。ある程度いったらそこで換金するのが一番ですね^_^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です